お金は無いと困るし、あり過ぎも困る、ほどほどが丁度良いかも

お金持ちの友人は、ノーベル賞を受賞した人物の研究している大学に10年に渡り寄付をしています。「いずれその研究が医療の場で役立ち、病気で苦しむ多くの患者さんが恩恵を受ければ、何倍にもなって帰ってくるのだから」とさり気なく言った友人に脱帽しました。

お金は無いと困るし、あり過ぎも困る、ほどほどが丁度良いかも

貰うお金、家族の構成がすべて同じで、貯められる人は、何よりお金に執着している人で節約し出費を押さえています。貯められない人は、お金への執着より美味しいものを食べたり遊びに行ったりと人生を謳歌する事に執着しています。高級住宅地に和風の邸宅を構え、広い庭には手入れが行き届いた植木が配置されていて枝を伸ばした松の木の下をくぐって玄関に入ります。家の中には骨董品の大皿や器が飾られ、有名な画家の絵も飾られ美術館のようでした。驚いたのは猫の水飲みの器が古伊万里。落語みたいで笑えました。

お金に関する失敗談

テーマパークに隣接しているMホテルに泊まりましたが、お部屋はとても高級感があり、テーマパークのキャラクターモチーフの壁紙だったりアメニティーだったりで大満足でしたが部屋の外に出るとフロントからの吹き抜けに面した構造の廊下は、利用客の話し声やはしゃいだ子供の声が響き、レストランからの臭いが立ち上り現実に引き戻される感じでした。ホテルに滞在している時間は、短くその割にはお値段は高く、こんな事なら年間パスポートを購入した方がお得だったかなと後悔しました。独身の頃に地方都市の駅前に1LDKの中古マンションを買って結婚後数年で売却し地方郊外にほとんどローンなしで家を建てた友人がいます。 小さくても価値の下がらない不動産に若い頃からめを付けていたあたりすごいなと思いました。

欲しいものは妥協せず数年待ってお金がたまってから希望のものを手にするべき

小さな金額でも毎月ためられる人は余裕が出来たら少しずつ増額して預金できる人だと思います。 国債や市債などをマメに買っている人が多いような気がします。要は面倒なことでも調べて投資していると思います。吉祥寺に家族それぞれの家を同じ敷地内に3件建て週末には子供たちと韓国へ買い物にいく姿を見てお金持ちなんだろうなあと思いました。 食事やショッピングはブラックカードでした。 私の感覚ではブラックカードは印籠のように感じます。

お金に関する失敗談

家を建てるときに希望のハウスメーカーで資金が足りずたてられなかので、致し方なく個人の建築会社で建てましたが長年たってハウスメーカーのものと比べると立て付けの痛みが激しいです。普段から無駄遣いしないで貯金しておいて、家電や車、家など高額なものほど、現金一括で購入する人がいますが、利息を支払う必要がないので賢い使い方だなあと感心しました。

お金は貯められるときに貯めて、使うときには思いっきり使う

貯められる人と貯められない人の決定的な違いは、毎日飲むものを毎回割高なコンビニで買っていたり、ATMでお金をおろす手数料を気にしなかったり、小さな支出に無頓着かどうかだと思います。後輩にはお金を出させない人がいました。 食事や飲み会でも当たり前のように全員分出してくれていました。 自分も過去にそうしてもらったから、こうするのが当たり前だと言っていましたが、お金がないと出来ないことだと思いました。

お金に関する失敗談

学生時代、一人暮らしを始めた時に、生活費以上に遊ぶことにお金を使ってしまい、光熱費が払えないことがありました。 親に借りましたが、返すのは大変で、計画的に使わなければいけないと実感しました。

コメントは受け付けていません。