お金は無いよりはあった方がいいが、あり過ぎると人生狂う

働き出して、数年は貯蓄額も少ないし、全然、貯まった様にも思えないし、どうしたら良いかも分からなかった。その為に、普通預金に入れたままの状態だったので、下手だったと今では思えます。

学問に王道なしと同じで、お金に関しても地道にコツコツと真面目に謙虚に

仕事を頑張ってコツコツと貯めること、単にお金を眠らせておくのではなく、資金運用の良い、自分に合ったやり方を色々と試して少額程度からやってみる。例えば、株購入、普通預金ではなく定額預金にしてみる、投資信託を試すなどが例です。通帳を見て、少しでも貯まっていけば良いという発想にし、年間貯蓄目標額を自分の身丈に合った無理のない額に設定して、それが達成できていることが分かり、それが年々繰り返して達成できていることが確認できた時

お金に関する失敗談

少し、貯金額が貯まりだして、貯蓄運用方法も分かりだしました。その為に、この様にやっていけば良いという見込みが立った時が一番怖い時です。それによって、気が大きくなり、クレジットカードも使えるので高額の物をローンで買ってしまった時。無駄遣いはしていないはずなのに貯蓄が思うようにいきません。趣味なども同じような生活をしている夫は着実に貯蓄しているので、何が違うのか見てみると、毎月きちんと出納管理をしていること、普段は倹約して欲しいものがある時は吟味して賢く買うこと、など参考になることが多くありました。
今は少しずつですがそれを実行し頑張っています。

お金は無いよりはあった方がいいが、あり過ぎると人生狂う

個人事業主として定職を持ってはいるのですが、まだまだ安定した収入とは言えないので、在宅で図面を書いたりデータ処理の作業をしたりなどの副業で、より安定した生活ができるように努力しています。何十年かぶりに年末ジャンボ宝くじを買ってみました。今まで末尾1桁の300円しか当たらなかったのですが、今回は見事1万円が当たりました。夫と楽しみにしていたフグを食べに行きました。

お金に関する失敗談

以前は家計簿を付けていなかったので、夫婦二人の家庭でどれだけの支出入があるのかあまり把握していませんでした。二人ともお酒が好きなので、やはり食費の出費が多くなっていました。食材を買う時は値段を数円単位で気にしているのに、お菓子があるとついつい買ってしまうところです。特に期間限定のものだったり、子どもが好きだからと言って100円200円のものはすぐに買ってしまいます。

節約しなければと思いつつも、ついついお金を使ってしまう。

今は何もしていません。生後2ヶ月の子どもがいるため、家から出れないし、長男がいるため在宅でライティングなどの作業時間もあまりとれないからです。働けるようになれば、すぐさま働きに行こうと考えています。灯油を買いに行ったところで、野菜が破格の値段で売られていたため、その週の食費はだいぶん浮いたところです。たった500円で、人参3本、キャベツ1玉、大根1本、玉ねぎ6個、白菜1玉買うことができました。

お金に関する失敗談

毎月の食費は決めているのですが、ついついお菓子を買いすぎて、月の後半に使えるお金がほとんどなくなってしまったとき、使い方を失敗したなと思います。そういう時は他のところから補填するため、子どもが遊びたいと言っても金欠のために叶えてあげることができず、後悔します。

コメントは受け付けていません。